フィールドマナー

野鳥を観察したり、撮影をすることはとても楽しいことですが、その行動が野鳥の生態や繁殖を脅かしたり、周辺への迷惑となることがあります。野鳥を観察したり撮影したりする際には、次のマナーを守って、野鳥や自然とのふれあいを楽しんでください。 

やさしいきもち

自然の中で生きている野鳥を人間がそーっと見せてもらうのがバードウォッチングです。自然に配慮しながら観察することがマナーの基本です。

 

日本野鳥の会では「バードウォッチャーの心得」として7項目を掲げ、それぞれの頭文字をとって「やさしいきもち」というフィールドマナーを提唱しています。

 野外活動、無理なく楽しく

知識とゆとりを持って安全に行動しましょう。

 

 採集は控えて、自然はそのままに

自然は野鳥のすみかであり、多くの生物は食べ物。むやみに捕ることは慎みましょう。

 

 静かに、そーっと

野鳥は大きな音や動作を警戒します。小さな鳴き声や羽音など自然の音も楽しみましょう。

 

 一本道、道からはずれないで

田畑やヤブも野鳥の生活の場です。土地の所有者などに迷惑をかけないようにしましょう。

 

 気をつけよう、写真、給餌、人への迷惑

撮影のために野鳥を脅かさないように。過剰な給餌も生態系を狂わせます。

 

 持って帰ろう、思い出とゴミ

ビニールやプラスチックなどのゴミが鳥を死に至らしめたり、食べ残しが雑食性の生物を増やして生態系に影響を与えます。

 

 近づかないで、野鳥の巣

野鳥には野鳥の生活があります。巣や野鳥には近づきすぎないようにしましょう。

野鳥を撮影するときの注意
野鳥の写真を撮ったり印刷物に掲載したりインターネットで公開したりする場合は、上記の「やさしいきもち」に加え、以下のマナーをお守りください。また、保護、研究、普及教育など、野鳥保護につながる特定の目的を持った撮影の場合でも、十分な注意と配慮が必要です。 
  1. 営巣中(巣作り中含む)の巣(巣穴・巣箱・巣台などを含む。以下同じ)、およびその巣にいるヒナあるいはその巣に入ろうとしている親鳥の撮影は避けましょう。
  2. 国内への渡来の少ない珍しい種は、主な生息地や渡りのルートから外れて飛来した場合が多く、鳥が弱ってしまっているケースもあります。その鳥が十分に休んで採食もできるように、接近し過ぎや、飛ばせてしまうような撮影は避けましょう。
  3. 撮影を目的とした餌付け、音声による誘引、ストロボなどの人工照明の使用は避けましょう。
  4. 公園やいろいろな人が利用する公共の場所などでは、撮影のために植物の移植や剪定、土砂や岩石の移動といった環境の改変は避けましょう。
  5. 通行の邪魔にならないよう撮影してください。特に道で集団になっていたり、三脚を並べていたりすると、通行の迷惑です。また、駐車は通行や近隣の迷惑にならないよう十分に配慮しましょう。
  6. 近隣の方々の生活や仕事を覗くような形にならないよう、レンズの向け方にも注意しましょう。
  7. 印刷物やネットなどに写真を掲載する場合は、以上のことに留意して撮影されたものを使用するようにしましょう。
野鳥を観察するときの注意
野鳥の観察では、「やさしいきもち」に加え、以下のマナーをお守りください。
  1. 国内への渡来の少ない珍しい種は、主な生息地や渡りのルートから外れて飛来した場合が多く、鳥が弱ってしまっているケースもあります。その鳥が十分に休んで採食もできるように、接近し過ぎや、飛ばせてしまうような観察は避けましょう。
  2. 国内への渡来の少ない珍しい種の観察情報をネットに発信したりマスコミなどへ提供したりする場合は、その場所へ観察する人が大勢集まりトラブルになることもあるので、細心の注意を払うとともに、地域での事前の相談も行うようにしましょう。
  3. 通行の邪魔にならないよう観察してください。特に道で集団になっていたりすると、通行の迷惑です。また駐車は、通行や近隣の迷惑にならないよう十分に配慮しましょう。
  4. 近隣の方々の生活や仕事を覗くような形にならないよう、双眼鏡や望遠鏡の向け方にも注意しましょう。

引用:(公財)日本野鳥の会ホームページ

https://www.birdfan.net/bw/manner/index.html